« 第1戦、引き分け、おめでとう! | トップページ | GWは仕事がすすみませ~ん »

2005年4月29日 (金)

結婚しました。

PS2でやってるので、スクリーンショットが撮れません。残念です。

恥ずかしながら……
おいら、東山寺叡山、Lv36。結婚しました。
相手は32の薬師です。相手に取材が押し寄せ迷惑がかかるといけないので、ここでは名前を伏せておきます。それでもしつこく取材をしてくる人たちがいるので、イニシャルだけでも公開しましょう。彼女の名前は、Z・Kです。

彼女との出会いは本当に偶然でした。
そもそも、今日はTDな気分だったのです。
合戦で一生懸命になってる本願寺の皆さんにはちょっと悪いなぁという気もしつつ、でも、合戦に行ったら絶対に抜け出せなくなるなぁという不安感もあったわけです。で、日和りました。お友達の永遠舞踏くんが稲葉山にいたので、彼を誘ってTDです。

メンツはすぐにそろいました。
以前に組んだことのあるモテモテ侍の真之助くん。
そして、本願寺の仲間・満月さん(彼女も合戦をさぼってるようで……)。
コアは何度か組んだ仲間でそろえ、そして後は検索で引っかけて声をかけていきました。陰陽師、鍛冶屋と順調にそろい、あと薬師がそろうと一会となりました。こうなると、薬師に声をかけねばならない。使命感に萌えたおいらは、必死にいろいろ探し回ったわけです。行く場所が行く場所なだけに、全体のレベルはなるべく高い方がいい。なので、レベル40前後の薬師を中心に声をかけていきました。でも、立て続けに断られてNG。そんなとき、目に入ったのがZ・Kさんでした。レベル32の薬師。ちょっと弱いかなぁとも思ったのですが、そんな感情をおくびにも出さず、話しかけました。「こんばんは。千引きに行きますけど、ご一緒にいかがですか?」。
これが、ぼくが彼女に最初にかけた言葉でした。

徒党の中には、Z・Kさんの見知った人たちも数多くいたようです。Z・Kさんは他のメンバーにあっという間に打ち解けていきました。そして、和やかな、でもちょっとだけ変態の入った雰囲気の中、徒党会話は盛り上がりを見せていきました。

そして、千引きへ。
残念ながら千引きでのぼくたちの活躍は惨憺たるものでした。レベル50近い敵に次々とあたり、3度目くらいに虎に遭遇。いけるだろうと、ちょっとなめてかかったのが災いしたのか、まず陰陽師さんが死に、そして大事な蘇生役のZ・Kさんも一緒に死んでしまったのです。Z・Kさんを守り切れなかった。このとき、ぼくの心はちょっとだけ痛みました。傷心のままプレイをし続けたからか、ついにはぼくまでも死に、成仏をするしかなくなってしまいました。普通の徒党だったら、ここで解散になるでしょうが、なぜか会話で盛り上がっていたので、その流れでTDに行こうという話に。各自、思い思いの場所で生き返り、そして一路、集合の地・稲葉山を目指すことになったのです。

集合までの道のりは、長いものでした。でも、それを長いと感じさせないくらいに徒党の会話は盛り上がっていました。ひょんなことから愛についての話題がはじまりました。愛、愛、愛。そんな中、Z・Kさんはぽつりと彼女の結婚願望をつぶやいたのです。

けなげなまでに千引きで闘ったZ・Kさん。
一同の中にすっと入っていき、盛り上げ役をがんばったZ・Kさん。
このとき、ぼくの心の中は彼女のことでいっぱいでした。徒党の中で交わされていた愛についての話題は、ぼくの中ではいつしかぼくのZ・Kさんへの思いを代弁するようになっていたのです。そんなタイミングでの彼女の言葉……。

ぼくの心に迷いはありませんでした。
ほほえんだときの彼女の横顔。
照れたときの仕草。
そして、攻撃呪詛をかけるときの、なんとも言えないステキな声。
そのどれひとつをして、ぼくを惹きつけないでおくものはなかったのです。徒党のみんながいるにも関わらず、気持ちを抑えきれなくなったぼくは、勢い余って彼女に言ってしまったのです。
「結婚してください」

これが始まりの始まりでした。
彼女は迷いました。それはそうでしょう。彼女も32です。世間で言えば「負け犬」です。
これまでも理想と現実のギャップに何度も頭を打ち付けてきたことでしょう。
彼女がどういう判断をするかは知れない。でも、ぼくには彼女が最後に出す答えがなんだかわかったような気がしたのです。彼女の心の声が聞こえたような気がしたのです。
そして、ぼくは彼女の答えを待ちました。

1分もなかったのだと思います。
でも、気の遠くなるような時間が流れたような気がしました。
どきどきしながら聞いた彼女の答えは……Yes。
天にも昇るような気持ちでした。
Lv36まで生きてきました。このぼくの短い人生の中で、ホントに初めて言葉通りの「至福」というものを感じたのでした。

今も信じられないでいます。
とんとん拍子でぼくたちの結婚話は進み、結婚届けも出してきました。
徒党の皆に祝福され、幸せいっぱいです。
心の底から愛してるZ・K。
そばにいるだけで、最高の安堵感をもたらしてくれるZ・K。
愛はとどまるところを知らず、果てしないかなたを目指して転がり始めてしまいました。
いま、ぼくは彼女とのこの瞬間を大事にしていきたいと、切に願っています。

Z・K。
きみはぼくに最高のものをもたらしてくれたよ。
人生で最高のありがとうという言葉をきみに贈りたい。
そして、人生で最大の力でぼくはきみのことを守り続けるよ。


(この物語はフィクションです……)

|

« 第1戦、引き分け、おめでとう! | トップページ | GWは仕事がすすみませ~ん »

コメント

なんしとんねんw
ていうか巫女から薬師に乗り換えたのかよ!w
オレが一番だって言ってたのに!
この浮気モノめ~!

しかしまぁ、物好きな人もいたもんだなぁ(;´д`)

投稿: ムギ | 2005年4月29日 (金) 05:33

ダーリン、おはようv(ぇ)
早速遊びに着たわよぉv

座敷カノイです♪嫁です(イニシャル無駄になったぽ)
とりあえず、髭とはげというあの一見シュールなビジュアルにヤラレマシタ(ぉい)
っつーことで、早速遊びに来ましたよー
昨日はあんな楽しかったのにサーバーダウンで落とされてすっごい意気消沈しましたねっ・゚・(ノД`)・゚・。
あのまま、寝ました。ええ寝ましたとも!

文章みて思いっきり笑ってしまいましたv
あ、なんかこっぱずかしい話にすりかわっとるわ!とかおもいましたとさ(笑)

あと、周り殆ど引退しちゃって寂しい感じなので見つけたらまた誘ってねダーリンv
いやぁ、久しぶりに楽しい徒党に入れてもらえてよかった^^

でわでわ、乱文失礼致しました_(._.)_
また遊びに来ますv

投稿: 座敷カノイ | 2005年4月29日 (金) 10:30

ご結婚、おめでとうございます。
東くんのファンクラブ、第一号としましては
事前にご報告をいただけなかったことが
まことに遺憾です。
この度、ファンクラブは本日をもちまして
解散いたします。
奥様と、末永くお幸せに。
わたしくのようには、決してならぬよう
心よりお祝い申し上げます。

@コムギ
こむぎっち以外の巫女。って
東くんは常々申しておられましたけど?w

投稿: 早矢仕しのぶ | 2005年4月29日 (金) 11:23

皆様、祝福のメッセージ、ありがとうございます (*^^*) ぼくとZ・Kは幸せな家庭を築いてまいります。ぼくの長屋は手狭なため、新居は京都になりそうです。また、日を追って、ご連絡させていただきます。

>コムギちゃん

ここへ来てようやく気付いたが、きみへの愛はネタでしかなかったようだ。ごめん……。


>カノイ☆

むむ。見つかってしまった(^^;
それに、せっかく伏せ字にしておいたのに……。

ハニーとの人生は、まだ始まったばかり!
いろんな連中に俺らのラブラブな姿を見せつけてやらないとな。インしたときには、真っ先に連絡するぜ!

(今日は今から友人宅に泊まり込み、会えるのは、明日以降だねー)


>しのぶちん

直助を反面教師として幸せな家庭を気付いてまいります。

事前に連絡しなかったのは、ごめんよー。でも、事前に連絡する暇もなかったのさ。結婚というのはときには本人の思いもしない早さで決まるもの。かつての松田聖子じゃないけど、「びびっ」ときちゃったのよねん☆

それにしても、ファンクラブ解散になってしまったのね。しくしく (>_<)

投稿: EIZAN | 2005年4月29日 (金) 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95848/3902508

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚しました。:

« 第1戦、引き分け、おめでとう! | トップページ | GWは仕事がすすみませ~ん »