« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月26日 (木)

凹んだとき~

扇子・お守り・鎧で器用+30、技応丹で器用+50にもかかわらず、
おまけに自作の中袋、鍛錬0/15にもかかわらず、
入魂が1回しかできなかったとき~

そしてそれが2回連続で続いたとき~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年5月24日 (火)

二刀流・叡山

両刀遣いではありません(一部では噂が流れていますが)。
二刀流です。

最近、叡山は二刀流なのです。
どういうことかって?
仕事と信Onを両立する方法を覚えました。

堕落僧なだけに、仕事が忙しくても、ついついインしてしまいます。
対話なり何なりしてたら、あっという間に時間が過ぎていく……。
それから仕事をして、結局、寝不足の日々を送ることになってしまうのであります。
嗚呼(はぁと)。

どうにかならないものかと思っていたのですが、とうとう編み出しました。
信Onと仕事を両立する方法!

最近の仕事の多くは、ちょっとした調べ物をしたり、客先への提案用資料を作ったり、はたまたプログラムを開発したりといった、パソコンに向かっていればできるものです。一方、信OnはPS2でやってます。
そう。PS2とPCなだけに、両立はできるのです。

信Onをしていて、何もすることなく、ただぼーっとしている時間。
そういう時間、ありますよね。
そう、販売の時間です。
「売却品あり」の表示を出して、お客さんが来るのを待つ。お客さんが来れば、音がするから分かるわけです。
PCでばりばり仕事をしながら、音がしたときだけ、テレビにうつったPS2の画面をチェックすればいいのです。なんとも合理的じゃないですか!

販売の時間が、有効な仕事に時間になりました (^w^)
昨日、今日と、こうして販売した金額が900貫近く。
とうとう所持金が2000貫を超えましたとさ。

でも、ここまで金ためてどうするんだろう?
まあ、堕落僧的には、女に入れ込んで一晩でぱーっと使うのがいいかと思っているのであります。

ではでは。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年5月18日 (水)

やはり男か(笑

えー。
信Onにログオンしてなくても、噂は伝わってきます(微笑)。

今日はある人が男だという噂を聞きました。
澄んだ麗らかな春の日を思わせるような、その名前は、ぼくの心をつかんで離しませんでした。

しかし。
男だなんて。
嗚呼。

こうして、淡く切ない思いは、はかなく散っていったのでした。

そうだ、ぼくには妻がいた。
ごめん、カノイ。
もう、浮気はしないよ(はぁと

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年5月16日 (月)

けっこう気になるもんだ

今は平日の午後4時。

普通にしていたら、仕事をばりばりしている時間だが、
どうも仕事をしている脇で、頭は別のことを考えたりしている。

「叡山もいよいよLv40だ。僧兵を目指すには腕力装備が必要だ。さて、どうしたものか。まずは、お守りを買って、付与枠をすべて使って腕力をあげて……。予算は1000貫もあればいいかな」
ってなことを考えている。

考えは果てしなく広がる。
こういうとき、自宅に帰ってはいけない。
堕落僧なだけに、誘惑に負けてしまう。
だから、自宅には帰らないで、せっせと仕事をするのだ。

ふぅ。
ネットゲーム中毒症とはこういうものなのだろうと、身をもって感じている叡山であった(微笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月11日 (水)

メイドカフェオフ!

今夜は寝かせてもらえません。。
寝られそうにありません。
しくしく。

さて、シヒロさんのサイトで何やらメイドカフェオフをやろうという話が盛り上がっています(一部でですけど……)。
てなわけで、やりましょう。メイドカフェオフ!

えー、どうせやるなら、秋葉原がアキバ系でもっとも賑わう日曜がいいですね。
で、こんなフルコースを考えております。

(1)午後にJR秋葉原駅電気街口改札前集合
 (なるべくアキバ系の格好をしてきてください。髪はぼさぼさ。靴は古びたスニーカー。
 リュックサックは必須アイテム。上はトレーナーか、よれよれのTシャツ。コンタクトの人は眼鏡に変えて)

(2)DEEPアキバツアーその1・メイドカフェ
 (メイドカフェの場所や特徴を私がご案内します。うち一店舗は実際に入って見学も)

(3)DEEPアキバツアーその2・コスプレショップ
 (メイドの格好をしてる女の子に、「その猫耳どこで買ったの?」って聞いたら教えてくれた
 有名店があります。猫耳からしっぽまで何でも揃う! コスプレ好きは必見!)

(4)DEEPアキバツアーその3・コスプレバンド
 (毎週日曜日に夕方くらいからやってるバンドがあります。そのへんのライブハウスでもやってる
 みたいですが、ストリートライブは秋葉原! なにせボーカルの女の子はメイドさんです)

(5)DEEPアキバツアーその4・女にだまされてみる
 (秋葉原にはアキバ系を狙った美女?がわんさか。絵売り女から、宝石屋のメイド娘まで。
 そのどれかに実際に引っかかり、スリリングなその場かぎりの恋をしてみましょう)

(6)DEEPアキバツアーその5・コスプレ居酒屋
 (アキバに一件あるコスプレ居酒屋。いってみよー!)


そして、夜は信Onで反省会(微笑)。
どうですか!?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年5月 9日 (月)

涙を飲んで1週間……

えー。
お仕事の方がかなりやばくなってきております。
GW中にやろうと決めたことの数割しかできあがっていない状況でして……。
やばいなと思いつつ、とうとうGWが明けてしまいました。嗚呼。

てな感じで、1週間休止いたします。
Lv40を目前に控え、特化も決まり、おまけに色々と新しい装備もそろいだした矢先。
う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~んこ

では、1週間後!

※注
30分を上限に、ちょっとだけ顔を出す可能性もあります(微笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年5月 6日 (金)

エロの多様な形

みなさん、こんにちは。

ところで、徒党会話で一部話題になったマンガですが、はっておきます。
ここをクリックしてねん(注:18歳以上の方に限ります)

いちばん上のがおすすめ。
「やらないか?」

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年5月 5日 (木)

GWも半ばを過ぎました

GWも半ばを過ぎました。
「EIZAN休止」を宣言したにもかかわらず、ぼくを見かけることが多いのではないでしょうか。
みなさん、こんにちは、堕落僧です。
仕事が終わっていず不安に駆られている心の内の一端をまずは吐露してみました。いやぁ。どうなるんだろ(笑)。コムギちゃんとぼくってよく似てるね、と言ってみたり……。まあ、先は考えない……と。

さてさて、GWもステキな信Onライブですが、色々と動きも出てきています。


■38になりました

歳はとりたくないものです……。とうとうぼくも38になりました。
この歳にもなると、若かった頃のことが色々と思い返されます。

はじめたばかりで右も左も分からなかった頃。金沢の町中を走っていたら急に対話が。誰だったか覚えていませんが、「装備で何か欲しいものがあったら言ってくださいねー」って。ゲーム初心者で対話の返し方も分からなかったので、そのまま放置するしかありませんでしたが、半分「ただでくれるのか、ここは気持ちわりー」とか思ったのも確かです(微笑)。しかし、何日も本願寺・金沢でプレイを重ねるうちに、「いやぁ、ここはいいなぁ」と別の感想を持つに至りました。開始後1週間・レベル1桁だったぼくに、先輩たちは色々な装備をくれました。棍棒やら僧衣やらその他もろもろ。思い返せば、あのとき店買いではとても手が届かなかった棍棒を、1貫というただ同然の値段でもらったことで、ぼくは棍棒に目覚めたとも言えます。多少動きは鈍くなるものの、なんとも言えない破壊力。あのときもらった棍棒(くろがね棒)はすり切れるまでに使い込み、そして今の棍棒は4代目。知人鍛冶の赤なんちゃらからもらったもので、大切に使わせてもらっています (^^)

38にもなると、昔話が多くなるものです。


■断片がそろいました

ここのところ集め回っていた楮紙の断片ですが、とうとう全部そろいました!
いつの間にか雁皮紙の断片も雁3をのぞいてそろっているし……。断片集めは怖いものなしです。たぶん……。
断片も集まったし、レベル40も近いし、特化は3種類のうちどこに進もうかとまじで悩み始めました。

僧の特化の道は、僧兵・仏門・密教の3つです。僧兵は力任せに攻撃できる強さがある。仏門は回復やら蘇生やらが強化されている。そして、密教は陰陽師ばりの術を発揮できる。それぞれの強さがあります。僧ではわりと仏門に進む人が多いようですし、周りが高レベルの僧に期待するのは仏門特化の能力のようなのですが、棍棒を握ったときに感じたばりばりと殴り倒していく快感というのがどうしても忘れられません。僧兵か仏門か。決めかねているところにちょうど本願寺のお友達巫女・満月さんがいたので対話で聞いてみました。

俺「満月さん、僧の特化、どこに進もうか迷ってるんだけど、どこがいいと思う?」
満月「うーん。ちょっと待ってくださいね」
(しばし待つ。おそらく本か何かで調べてるのだろう)
満月「私の印象では、仏門って感じじゃないかもしれませんね。僧兵か密教か……」
俺「うむ、やっぱりそうか。ありがとう」
満月「いえいえ。あくまでも私見ですが」

って、こんな感じ。印象からして、どう考えても仏門じゃない。彼女の見方は正しい(笑)!
背中を押される形で、僧兵を選ぶことにしました。これからのぼくは、僧兵として生きます!


■なぜか金がたまっています

お金って不思議なもので、ある線をこえると急に貯まり出すもんなんでしょうね。リアルでも信でも。
ぼくにとって、これまで踏み越えられなかったのは、1000貫のラインでした。700貫くらいまではいくけれども、どうしても1000貫はこえることができない。そんなあるとき、稲葉山で立っていると、「差塩、1個2貫で買います!」と大声で叫んでいる人がいました。運営している知行から差塩は大量にとれているので、対話を入れたところ、なんと200個も売れたのです。それだけで400貫です……!

こうして全財産が1000貫を超えると、今度は1000貫を切るのが難しくなってきます。400貫で大乗衣を買ったりしても、あっという間にまた1000貫に戻る……と。これを元手に、僧兵を目指して腕力装備を買っていこうなどと、考えるのでした。


===============================================================

てな感じで、堕落しながらも、なんとか生きています^^

あ、シヒロさん、リンクはっていただき、ありがとうございました。

あと、本願寺の先輩・陶晴賢さんからも、「リンクをはりたいんですけど」と丁寧な対話をいただきました。ありがとうございます!


最後に。
嫁とは相変わらずです(微笑)。
昨日、ひょんなことから嫁とたいまん勝負をすることになりました。道場で闘ってみたものの、向こうの装備は固すぎて、攻撃しても攻撃しても、なかなか減らない……。そうこうしてるうちに、「遠江屋敷にいきますけど……」と嫁に対話。2人そろって仲良く狩りに行ってきましたとさ。

おわり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »