« 万貫越え | トップページ | 目付! »

2005年6月28日 (火)

石田さんの二貫砲

「座敷系」、リンクに追加しました (^^;

さて、このところよく狩りでつるんでるのが、足利陰陽師の石田さんという気のいい兄ちゃんです。
石田さんと狩りにいくと、心地よいくらいにさくさく狩れるのです。
その秘密は、惜しげもなく連発する「森羅万象」にあります。

この「森羅万象」、陰陽道特化の最高峰に位置する技能ですが、通称「二貫砲」とも呼ばれているようです。術を出すのに1個2貫する「陰陽符」というアイテムが必要なのだとか。1丹の狩りを全部本気で行うと、30~40発打つことになるようです。陰陽符にかかる原価だけで、60~80貫! おまけに、すべての属性丹+六、知を服用するらしく、1丹で使う丹の総数は(一回も死ななかったとしても)6個! これだけで30貫。1丹の狩りにかかる原価が100貫にものぼるというのです!

これまで、自分の狭い経験の範囲でも、多くの陰陽師と組んで狩りをしてきましたが、石田さんほどに森羅万象を連発するひとには出会ったことがない。それもそのはず、どうしてもこれだけの出費があるとなると、連発には二の足を踏んでしまうのでしょう。

石田さん曰く、上野・叢雲道・千引あたりの狩りだったら黒字だけれども、その他だと赤字になるとか。
まあ、黒字とはいっても、1丹で100貫消費となると、手元に残るのはせいぜい20~50貫くらいとなります。ドロップ品を売って、100~200貫残るか残らないか。

かなり金策も苦しいはずです。
それにもかかわらず、先日、雑談していたら、器用装備をそろえるのに2000貫ほど投資したと言っていました。
では、その金策はどこで行っているのかと聞いてみたら、地道な炭掘りだそうです。
暇があるときには、1週間くらい炭山にこもり、2000個近い炭を集めて一気に売りさばく。漆など付随品も一緒に売りさばけば、一気に1000貫くらいはいきます。

涙ぐましい努力をしているのですね……。

こう聞くと、石田さんをあちこちにひきまわすのも悪い気がしてきました。
そうは言っても、目の前にいると、つい拉致しちゃうんですけど(微笑)。

|

« 万貫越え | トップページ | 目付! »

コメント

最近になって解ったことですけど、ノブオン世界のお金もちさんはみんな狩りで稼ぐのではなく、採取+生産を黙々とやって金策をしているんだとか。

巫女と侍は若干キツイみたいですけどね;

ちなみに、薬師メインのシヒロとしましては1時間で約200貫~250貫の稼ぎがあります。マンガとか小説を読みつつ採取をしたら1日で1000貫くらい稼げたりしますね。

しかし、涙とは羨ましい…。イイナーイイナー。まだめぐり合えてませんヨ;

投稿: シヒロ | 2005年6月30日 (木) 15:46

どこの世界でも、お金持ちになるには、地道な努力なのよねー。100円ショップなんかもそう、スーパーもそう(ダイエーは傾いたけど)。

おいらも地道な金策をしようかと考え始めています。器用装備もいちおうそろえたので、地道に採取をし、もうすとか大袋とか作り、さらに入魂しまくって……500貫くらいで売りたいなぁ、などと。
夢はふくらみます。

連射コントローラーも買ってきました。
がんばるぞー!
(仕事もな)

投稿: EIZAN | 2005年7月 4日 (月) 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95848/4743427

この記事へのトラックバック一覧です: 石田さんの二貫砲:

« 万貫越え | トップページ | 目付! »