« 目付! | トップページ | 奉行試験(前編) »

2005年7月 5日 (火)

僧と薙刀

僧兵の元祖といえば武蔵坊弁慶でしょうか。
大河ドラマを見ても、武蔵坊弁慶といえば、巨大な薙刀でしょう。
織田信長に刃向かった比叡山の僧兵も、おいらのイメージでは槍だったはず。

棍棒をもった僧兵などいません (^^;
てなわけで、叡山、レベル5の頃からずっと使っていた棍棒を捨て、槍へと転向してしまいました。

低レベルのとき、本願寺の先輩にくろがね棒を1貫で売ってもらったのが最初だったんですよねー。
それから、舞踏ちゃんのリアル友達で今は亡きロブロイくんのお下がりの棍棒をもらって……。
で、赤楽に金砕棒をもらって……。
高性能の金砕棒をせいしろちゃんに原価で売ってもらって……。
武器にはなぜか金がかかっていませんでした。

今回、はじめて売り子から買ったわけです。大薙刀。

はじめて槍系の武器もったんですけど、いいですね。
棍棒は威力があるけれども、物理耐性とかが低くなるし、ウェイトが大きいんです。
それに比べると、槍はさくっと攻撃できる。
さらには、槍ならではの技能が使えたりするわけです。
まずは、道場目録の中にある「反撃封じ」。忍者系NPCなどに攻撃を加えると、痛い反撃を食らうことも多いのですが、これを入れておけば、いっさい反撃を食らうことがない。
さらには、僧兵特化目録の中にある「十二天なんちゃら」。発動準備がある攻撃系の技能です。武芸の鬼神突ほどの強さはないものの、ボスキャラなどの攻撃には有用です。実は、これが使いたかったんだなー。

てなわけで、しばらくは薙刀実装でいきそうです。
攻撃力が減ってるのがちょっと痛いけど、余りあるメリットもあるので(微笑)

|

« 目付! | トップページ | 奉行試験(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95848/4838816

この記事へのトラックバック一覧です: 僧と薙刀:

« 目付! | トップページ | 奉行試験(前編) »